写真は弊社の超臨界メタノール法でつくる機械です。

2011-11-08 14.35.52     2011-11-08 13.50.30

1時間当たり160LのBDFと約10Lのバイオガソリンをつくります。BDF100%を使って発電機を運転し、自社で使用する電力すべてを賄います。弊社からできたBDFは、100%循環式の再生可能エネルギーです。

BDFの燃料としての特徴は、現有のディーゼルエンジンでほとんど変更することなしに利用でき、既存の燃料供給インフラを流用できる点です。

その1つ目のメリットは、カーボンニュートラルであること。植物が固定した炭酸ガスを再びエンジンから排出するので、エネルギーを消費しても炭酸ガスの総量は増えません。

2つ目のメリットとして、BDFは硫黄分を含まない点が挙げられます。欧米では硫黄成分のない少ない軽油が普通ですが、脱硫されていない軽油が多い日本では排気ガスの中にSOXが多い傾向にあります。

3つ目のメリットとして、BDFは燃焼効率が高い点が挙げられます。このほかにも、BDFは生分解性があるので事故で自然界に流出した場合にも問題は少ないことなど利点が多くあります。

Advertisements